薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の志望動機は?

病院薬剤師の志望動機は?

病院薬剤師の採用を勝ち取るには、採用側の雇用ニーズにマッチしていなければなりません。採用側に自分が病院に貢献出来る必用な人材である事を、アピールする必用があります。求人応募から採用までの間に幾つかのアピールポイントがありますが、その中でも最も重要と言ってもよいアピール出来る場所が、志望動機です。応募書類でもある履歴書や面接において、採用側が必ず質問する部分でありますし、必ず確認しなければならないのが志望動機です。

履歴書には必ず志望動機の蘭がありますから、大丈夫だとは思いますが必ず記入しましょう。志望動機のスペースが少ない文字数ですかすかにならないように。空蘭を全て埋められるような文章を作成しましょう。そして志望動機の文章で大切なのが中身です。これは、自分が応募病院へ貢献出来るアピールポイントや、病院側の経営理念に共感する文面である事が重要です。

病院側の経営理念に共感するには、まず病院について良く調べる事が先決です。現在は各病院でホームページを開設し、理念や事業内容、診療方針などを公開しています。その他紙ベースの病院案内パンフレットを配布している病院がほとんどです。そうした資料を集めて病院研究をしましょう。また仲介してくれる求人サイトにも相談をし、病院の内情や経営方針、一般に公開されていない将来ビジョンなどもあれば聞いておきましょう。

作成した志望動機を求人サイトのキャリアコンサルタントにチェック指導してもらいましょう。採用側の意向や病院の事を良く知るキャリアコンサルタントの立場から、アドバイスをもらうことで、志望動機の完成度をアップさせます。履歴書の志望動機は面接時にも必ず質問されますから、同じ内容を面接官に説明します。事前に面接練習も忘れずに。何か印象に残るキャッチコピーのような文章を肝につくると効果的です。

採用側である病院の方針に賛同し、その上で自分であればどう貢献出来るのかアピールします。的確で完成度の高い志望動機は、まさに薬剤師の姿勢そのものです。この人なら貢献してくれるといった、期待感を感じさせる内容にしましょう。採用していただく病院側に最大限の経緯と賛同を綴りながら、単に迎合しているのではなく、これが自分の意志ですという点を記載する事が大事です。薬剤師の仕事は、専門職であり人命に関わる責任のある仕事ですので、組織に協調しながらも専門的な主体性を持つ事も重要です。