病院で働く薬剤師の転職市場の近況は?

病院勤務の薬剤師に転職しようとする場合、気になるのが現状の転職事情ではないでしょうか。病院薬剤師の求人はその多くが新卒採用であるといわれています。薬剤師全体の新卒の就職先の状況では、およそ15%が病院勤務であるそうです。薬剤師の多くは調剤薬局やドラッグストアーなど薬局勤務が主流になっているというのが現状です。

その理由のひとつに病院薬剤師の求人数が薬局求人に比べて少ないということがあるでしょう。中途採用の薬剤師さんが病院薬剤師になる場合、その求人の多くが契約社員やパートタイム等の非正規雇用が多くなっているのが現状です。経験のある転職薬剤師を正社員として雇用したいという病院はありますが、他の求人や病院求人と比較すると非常に少なくなっています。

ただ2006年の薬剤師国家試験受験資格は6年制の薬学教育を修了した者という法改正により、2010年と2011年は新卒が不在という、中途採用の転職薬剤師にとって売り手市場となりました。そして2012年より初めて6年制薬剤師が新卒採用になったのです。しかし少ないチャンスではありますが確実に病院薬剤師の中途採用求人は存在します。そのチャンスを得る為には、薬剤師転職サイトに登録することをおすすめします。

病院と提携する転職サイトでは、非公開で薬剤師人材を紹介する場合があります。また求人情報が入ってすぐに、情報を入手する事が可能です。また病院で働くといっても病院毎の雇用形態、職場の雰囲気、残業や休日等の実態が異なりますから、転職サイトで事前に確認するべきでしょう。あなた自身が本当に病院薬剤師に適しているのか、将来性はといった、転職全般に関する相談も転職サイトではおこなっています。

病院薬剤師の収入に関しては年収450-700万円程が相場とされています。これまでの経験や、管理薬剤師であるか否か、雇用する病院の状況などによって大きく差が出ています。収入がそこそこであっても職務負担が少なく、定時で帰社出来る病院で給与が高めでもそれは当直勤務や残業の多さによるものであるなど、内情を掘り下げてみると給与内訳は実にさまざまです。病院薬剤師転職を目指すことは現状可能です。自分らしい働き方や将来性を描きながら、転職サイトで希望に合う求人を選び、より現実的に行動していきましょう。

最新ランキングでは、高い転職成功実績を誇るリクナビ薬剤師が1位を獲得しています。

>>稀少価値の高い「病院に勤務する薬剤師」の好条件求人はココでチェック!<<

病院の薬剤師求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師
  • ・人材サービスの大手企業であるリクルートの運営する薬剤師専用求人サイトです。
  • 病院薬剤師採用に利用される機会の多い、非公開求人を多数保有しています。
  • ・競争率の高い病院薬剤師への就職活動におすすめです。病院薬剤師の求人数が多いです。
  • ・また病院薬剤師を含めた薬剤師全体の「リクナビ薬剤師」利用で就職成功された方の
     なんと97.3%の方が、希望の就職先に就職
    するという高い実績を誇っています。
  • ・保有する薬剤師の求人数は35000件で確率の低いと懸念される病院薬剤師の転職活動に◎
  • 病院薬剤師で多い残業に関しても、残業の少ない病院求人のご要望に対応しています。
  • ・登録無料で、専任のアドバイザーが病院薬剤師への道をサポートします。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師
  • ・大手人材紹介企業、マイナビグループの運営する薬剤師求人サイトです。
  • 「マイナビ薬剤師」を活用して薬剤師転職を成功させた方の満足度が94.6%!
  • 地域に特化した病院薬剤師求人を扱っているというのも嬉しいポイントです。
  • ・地域と言ってもその拠点網は全国にありますので、働きたい希望の地域が決まっている方は
     その地域の病院薬剤師求人に絞り込んで検討できます(コンサルタントも地域別)。
  • 非公開求人を多数保有しており、その内容も好条件のものを多数取り扱っています。
  • おすすめしたいのは、コンサルタントの対応力です。利用者からの評価が高いです。
  • ・コンサルタントが病院薬剤師求人の応募、面接、同行、条件交渉を行います。

詳細はこちら

ファルマスタッフ
  • 「ファルマスタッフ」は検索できる求人の数が業界トップクラス。
  • 「マイナビ薬剤師」などに次ぐサブの薬剤師転職サイトとして人気上昇中。
  • 本当の満足度の実現のために病院薬剤師就職を目指す薬方へサービスをご提供します。
  • 「ファルマスタッフ」を利用して転職された薬剤師様の離職率が低い!
  • ・ファルマスタッフのみの委託契約で保有している非公開求人も多数あり、
    非公開採用傾向の病院求人の検討にはおすすめです。高待遇条件も通りやすい!
  • ・直ぐに病院薬剤師転職をしたい、じっくり検討したい、病院薬剤師が向いているか
     検討したい等、あらゆるご相談をコンサルタントが徹底サポートします。

詳細はこちら

病院への転職で求人サイトを使うメリット

薬剤師の方が転職を検討する時、インターネット求人サイトや新聞、求人誌、またハローワーク等で求人情報の収集をされるかと思います。一般的な求人誌やハローワークでは、薬剤師はあまたある職業の中のひとつに過ぎませんから、求人数は実にわずかなものとなってしまします。仮に気になる求人を求人誌やハローワークで見つけたとしても、あなた自身で動かなければなりません。

求人先の仕事の実状などの詳細な情報はなかなか得る事ができないでしょう。それが面接、ましてや採用にこぎつけるとなると、かなり低い確率です。事前の情報が少なく、薬剤師の転職事情に関しては素人ですから、入職後こんなはずではなかったとミスマッチになるリスクもあります。こうあれこれ考えると、やはり薬剤師求人に特化した転職サイトの活用が、効率的で有用性が高いのです。

数ある転職サイトには、医療系とりわけ薬剤師求人に強い転職サイトがあります。こうしたサイトでは、提携する病院とのパイプがあり、常に採用担当者との連携が取られていることが多いのです。よって求人情報一つ検討するのでも、病院の状況、薬剤師の仕事の実状、同僚との人間関係、昇級や福利厚生、休日、残業等の実状などこまごま事前に聞く事ができます。

また現職を続けながらの転職と言う方が多い中、仕事をしながらでも効率的かつ質の高い転職活動を進める事が出来るのが、求人サイト活用のメリットのひとつです。現職で働いている間にも良い求人情報が入ってきます。そうしたチャンスを求人サイトは逃しません。あなたにマッチする求人情報をメール等利用してタイムリーに提供をしてくれます。

薬剤師の就業先の中でも病院勤務は比率が低く、病院薬剤師を選択する方は約15%だそうです。また病院薬剤師の多くが新卒採用という傾向があるため、転職薬剤師の求人数は少なく、競争率が高くなる傾向があります。しかし確実に求人は存在するのですから、そのチャンスを逃さない、自分にあった求人を選ぶということが重要です。

あなたのキャリアや希望を加味して、求人サイトのキャリアコンサルタントが求人紹介をします。病院薬剤師の中途採用は非公開で募集される事も少なくありません。非公開求人は適任の転職薬剤師にピンポイントで打診され、非公開のうちに採用が成立するというものです。病院薬剤師転職のプロの仲介ですので、成功の確率も高く、ミスマッチの確立も低いと言えます。